読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつでも深夜テンション!

このブログは管理人の興味の赴くままに適当に書いていくものです。過度な期待はしないでください。

TITANS RETURN Wave2 CLOBBER レビュー

f:id:toga_shin:20161016212306j:image

「オレ、グリムロック。すごく強い!」

 

 CLOBBERは「TRANSFORMERS GENERATIONS TITANS RETURN 」のタイタンマスターの一人として2016年に発売されました。BOTCON2016ではCLOBBERはその顔の通り『戦え!超ロボット生命体 トランスフォーマー』に登場するダイノボットのリーダー、グリムロックと同一人物であることが明かされたようです。

 グリムロックホイルジャックとラチェットによって地球で作られたダイノボットの一員でリーダーを務めます(アニメ版)。

 『G1』第7話「ダイノボット誕生」で初登場しますが、当初は暴走してしまい、サイバトロン基地のテレトラン1を破壊。コンボイ司令官が

「もういい、もう沢山だ!ダイノボットを破壊する!」

と処分を命じましたが、ホイルジャックの尽力により知能向上し、コンボイ赤組の危機デストロンから救ったことで

「優秀なマシンや人間にも時にはエラーというものがある。」

コンボイ司令官に手のひら返し認められ、サイバトロンに参加。以後サイバトロンの有力な戦力として活躍します。それでも他のサイバトロン達よりは知能は低いです。(ダイノボットより知能の低いオボナミスもいますが・・・(笑))

 『ザ・ムービー』ではロディマス、チャーと共に惑星クインテッサに不時着。便器ウィリーと出会い、クィンテッサ星人の裁判からロディマス、チャーを救出。処刑人シャークトロンに力の差を見せつけました。また、ユニクロンとの最終決戦では他のダイノボットを率いて空中戦を展開。ロボットモードで飛行しながらユニクロンと戦う場面も見られました。

 第4クール『2010』でもロディマス率いるサイバトロンの一員として登場。第1話「新たなる戦い」では惑星ジャールに向かうロディマスに同行したりと地位の向上がうかがえました。また第25話「グリムロックの新しい頭脳」では一時的に天才になり、ユニクロン内部でスクランブル合体能力を備えたテックボットの5体を製作。天才的な知能をテックボットに移してしまい、知能は元に戻ってしまいますが、テックボットからは「お父さん」と呼ばれています。

 人気キャラクターの一人なので、BWシリーズのリカラーや『トランスフォーマースーパーリンク』の海外版『ENERGON』や『アニメイテッド』、『アドベンチャー』でも玩具が登場。また、実写映画4作目『ロストエイジ(原題:Age of Extinction)』ではオートボットの新戦力として香港で大暴れしました。「TRANSFORMERS GENERATIONS」シリーズでも「FALL of CYBERTRON」で一度登場しています。管理人的には「変形!ヘンケイ!」版も好きだったりします。

 

 

パッケージ
f:id:toga_shin:20161016191622j:image

表側
f:id:toga_shin:20161016191626j:image
裏側

今回は北米から直接購入したのでシールはついていません。Wave1のナイトビートとパッケージ裏は変わりないようです。

 

CLOBBER
f:id:toga_shin:20161016212609j:image

前面
f:id:toga_shin:20161016212615j:image

背面

背中にいつも通り顔があります。見事なまでのグリムロック顔です。(アニメではバイザーの色が青ですが・・・)
f:id:toga_shin:20161016212635j:image

レジェンズ」のキャンサーと比較。

ロボットモード時の顔以外は同型であることがわかります。

 

グリムロック、ヘッドオン!


f:id:toga_shin:20161016212642j:image

頭部形態。

タイタンマスターのアニメ版ともG1版ともとれるデザインです。タイタンマスターの腕を特徴的な頭部の突起として利用しているところが大胆。

 

ビークル
f:id:toga_shin:20161016212657j:image

恐竜モード

 タイタンマスター顎と腕パーツとしてをビークルに組み込む変形が面白い。

 「TR」wave1のCRASHBASH(キャンサー)のビークルの色違い。日本では「レジェンズ」のLG22 スカルのパートナードローン”バトラ”として販売されています。
f:id:toga_shin:20161016212708j:image

後から

尻尾部分がドラゴンの頭になっています。


f:id:toga_shin:20161016212740j:image

ドラゴン形態
f:id:toga_shin:20161016212750j:image
後から

f:id:toga_shin:20161016212722j:image

f:id:toga_shin:20161016212730j:image

CLOBBERなどタイタンマスターを背中に乗せることができます。

 


f:id:toga_shin:20161016221213j:image

武器モードにも変形。

恐竜モードの尻尾を折りたたんだ簡単な変形ですが、発足が効いてます。
f:id:toga_shin:20161016221220j:image

飛び出したタイタンマスターの腕がシュール・・・(安全性とか考えてなさそう)
f:id:toga_shin:20161016221226j:image
タイタンマスター抜きでもこの状態にできます。


f:id:toga_shin:20161016212807j:image

フォートレスマキシマスの腕のハッチに格納も可能!

「オレ、グリムロック。お前ら倒す!」


f:id:toga_shin:20161016212833j:image
レーネのお気に入りヘッドマスターになったようです(笑)

「オレ、グリムロック。ちょっと恥ずかしい///」

 

 以上、CLOBBERのレビューでした。CRASHBASHに付属したビークルに興味があり、Amazon.comで調べてみたところ、リデコ版がグリムロックとしていることを知り、他の買い物のついでで購入してみましたが($6.99でした)、今まで購入したタイタンマスターの中でも満足度の高いアイテムになりました。フォートレスマキシマスの基地の中に組み込んで遊ぶもよし、単体で遊ぶもよし、ビークルが非常に優秀な為遊んでいて楽しく感じました。2017年展開でリパッグが出ることも判明しましたが、そちらにも期待したいと思います。

 

 

 

おまけ

 来年で実写版『トランスフォーマー』シリーズも10周年。10周年記念で実写版TF達が過去作の金型を流用して再販されるようです。その中に『ロストエイジ』のグリムロックも含まれていましたが、管理人的にうれしかったのが『リベンジ』でのリーダークラスのオプティマス・プライムの金型を流用した「10thアニバーサリー オプティマスプライム 」。変形難易度が高いと噂には聞いてましたが、入手する機会を失っていたのでようやく触れることが出来そうです。玄田さんの声を収録したサウンドギミックも搭載されるようなので実写シリーズの顔面破壊大帝ぶりに痺れて憧れている管理人にはマストアイテムになりそうな予感・・・こちらも楽しみにしたいですが、『Transformers:The Last Knight』の公開も2017年。ホットロッドが登場するようなので来年は出費が多くなりそうです・・・