読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつでも深夜テンション!

このブログは管理人の興味の赴くままに適当に書いていくものです。過度な期待はしないでください。

AD11 ディスペンサー レビュー

トランスフォーマー ロストエイジ


f:id:toga_shin:20161118002244j:image

 「・・・」

 

トランスフォーマーロストエイジ』(原題:Transformers Age of Extinction)のムービーアドバンスドシリーズよりディセプティコンの一体、ディスペンサーを紹介していきます。

ディスペンサーは実写映画第1作目『トランスフォーマー』(原題:Transformers)のクライマックスに登場するディセプティコンです。主人公のサムが空気を読まずに入っていた車に轢かれかけ、転んだ時に”キューブ”(オールスパーク)から漏れたエネルギーからマウンテンデューの自動販売機が命を得て変形した姿です。「私の車がへこんだわ」どころの状況じゃねぇよBBA

1作目の玩具展開で販売されたペイロードの頭部を変更した所謂リデコ製品で、劇中とは全く異なるデザインですが『ロストエイジ』のムービーアドバンスシリーズで立体化されました。リデコ元のペイロードは現金輸送車でしたが、今回はディスペンサーとして出すにあたって自動販売機との間を取ってドリンク運搬車に変形します。

 

気になる方は 字幕版がAmazonビデオで配信されているので2:02:15あたりから見ていただければわかるかと。

 

※箱なしの中古品を購入したので、今回は適当英訳及びパッケージの紹介はなしです。

 

 

ロボットモード
f:id:toga_shin:20161118002304j:image

表側

股間のボールジョイントが少し緩かったので立たせるためにバランスをとるのに少し苦労しました。

膝関節と足首は結構固めの関節です。
f:id:toga_shin:20161118002315j:image

側面

後述するギミックの都合でバンパーが飛び出てます。そのせいか重心が後ろ寄り。

f:id:toga_shin:20161118002322j:image

裏側

1作目の製品のリデコな為、肉抜きがほとんど見当たらず、しっかりとした作りになっています。最近は堂々と肉抜きしてますからね。


f:id:toga_shin:20161118002334j:image

モンダイノトウブ

頭部です。1作目に登場するディスペンサーの特徴はある程度捉えているように思います。ただ、この頭部、結構問題があるんですよ・・・
f:id:toga_shin:20161118002343j:image

実は逆向きに取り付けられた首パーツに頭部をヒンジで取り付けています。そのおかげで上下方向の可動が死んでいます。無理に動かそうとすると壊れるらしいです。また、ヒンジなので組みなおそうとしても金属の軸が抜けないので分解すらできません。

しかも頭部パーツが干渉して横方向の可動も十分にはできません。

ネットで修理の方法を検索しましたが、ハンダこてで軸を熱して取り出し、分解修理するという方法があるようですが、ハンダこてが頭部パーツや襟パーツに近づけるだけで熱によりパーツが少し融けてしまったので管理人は諦めました。


f:id:toga_shin:20161118002357j:image

肩上のパネルの内部には精巧なディテールが!

リデコ元は現金輸送車ですが、ドリンク運搬車と解釈もできそうな換気扇やコードのディテールが配されています。
f:id:toga_shin:20161118002407j:image

登場シーンで右手に装備していたドリンク型武器も付属。

銃口が1か所だけだったりと見た目が派手なだけの武器ですね(笑)
f:id:toga_shin:20161118002414j:image

ビークルモードに変形する際に使用する腕のピンを利用して保持します。

アームズアップ!と取り付けるときに内心、叫んでいます(笑)


f:id:toga_shin:20161118002434j:image

胸部のギミック

バンパーを押し込むことで・・・
f:id:toga_shin:20161118002439j:image

胸部から大きなアームが飛び出します。

バネで展開しているので、アームが飛び出した状態での固定は不可能。ポーズの一つとして利用するには少し不便ですが、豪快なギミックでオートボットをどんどん挟んでいきたくなります。

 

 

(トランスフォーム!)
f:id:toga_shin:20161118002448j:image

 

ビークルモード(ドリンク運搬車)
f:id:toga_shin:20161118002456j:image

表側

マウンテンデュー(Mountain Dew)っぽいロゴが配されています。

ロゴにはMood wiplasH(直訳すると気分鞭打ち)と書かれていますが、元ネタはMood WhiplashというTF用の飲料らしいです。
f:id:toga_shin:20161118002503j:image

裏側
f:id:toga_shin:20161118002510j:image

上から


f:id:toga_shin:20161118002517j:image

ペイロードから追加されたドリンク型武器はビークルモードで露出した変形に使うピンに取り付けます。
f:id:toga_shin:20161118002527j:image

後ろから見ると穴だらけですね・・・

 

 

以下、適当ポーズ


f:id:toga_shin:20161118003056j:image
すらっと立ってみて
f:id:toga_shin:20161118002543j:image

無言で銃口を構えて・・・
f:id:toga_shin:20161118003111j:image
腕のマニュピレータが変形して緑色のキャラクター・・・『プライム』版 ボケ バルクヘッドと要素が似てますね(笑)

※写真は『GO!』版ハンターバルクヘッドと
f:id:toga_shin:20161118003105j:image
活躍してるシーンはほんの一瞬でしたが、それでも製品化してしまうのがトランスフォーマーの良い所!

 

以上、AD11 ディスペンサーでした。

頭部パーツの仕様は残念でしたが、大胆なギミックと肉抜き穴の少なさ、肘関節、膝関節、足首関節の適度な硬さが魅力的です。リデコ元のペイロードと比べ、顔もイケメンです。ムービー1作目の一瞬しか登場しなかったキャラクターでも8年の後に製品化してしまうトランスフォーマーの素晴らしさを体現しています。サムとキューブのフィギュアを持ってないので劇中の再現はできませんが、ロングアームやバンブルビーバリケード等10年前に買っていたムービーアイテムを発掘したら絡めていきたくなるアイテムです。