読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつでも深夜テンション!

このブログは管理人の興味の赴くままに適当に書いていくものです。過度な期待はしないでください。

終局特異点 冠位時間神殿 ソロモン 開戦

f:id:toga_shin:20161215115748j:plain

「終局特異点 冠位時間神殿 ソロモン」が2016年12月22日より配信開始されました。

未来を取り戻す戦いが今、始まる!

 

 

7つの魔神柱戦はストーリーが熱い!
f:id:toga_shin:20161223020152j:image
f:id:toga_shin:20161223020200j:image
f:id:toga_shin:20161223020207j:image
f:id:toga_shin:20161223020212j:image

ついに、リリース初期にジャンヌが感極まって泣いていた?あの台詞がお披露目。

 

7つの特異点で出会った英霊達が72柱の魔神柱との戦いに加勢してくれます。

そして、プレイヤーが戦う7つの魔神柱と戦うのは各章で味方だったり敵だったりした英霊たち。その為、各魔神柱戦では各章のBGMのアレンジを背景に戦うことになります

。テンション上がる!!!!

管理人はキャス狐ネロちゃま+各章での仲間という構成で魔神柱に挑んでいます。

今回追加されたBGMは物凄いボリューム!魔神柱戦の先もあるので、そこでのBGMも気になるところです。

サントラの発売お願いします!!!

 

 

最終章の冒頭

始まりはやはり特異点F・・・冬木の聖杯戦争でした。

ここで衝撃的なのが前所長が使役していたサーヴァントが ソロモン であると判明するところです。

セイバーをも下し勝利者となったマリスビリー&キャスター陣営。彼らの聖杯に託す願いとは・・・?


f:id:toga_shin:20161223015400j:image
f:id:toga_shin:20161223015411j:image
f:id:toga_shin:20161223015434j:image
f:id:toga_shin:20161223015420j:image
f:id:toga_shin:20161223015443j:image
f:id:toga_shin:20161223015454j:image
f:id:toga_shin:20161223015502j:image
f:id:toga_shin:20161223015510j:image

 

ここで言及されている「第三魔法の完成」については原作『Fate/stay night』をプレイしているとニヤリとできますね。2017年から公開予定の『劇場版 Fate/stay night [Heaven’s Feel]』で映像として描かれることも期待!




7章に続いて夢の中でマシュに接触を図る魔術王。

ここでのマシュとソロモンの対話は主題歌の「色彩」の歌詞をなぞらえているんですよね。この夢は2番の「私をたしなめるように~」の部分ですね。

本当に「色彩」は聞いていると世界に引き込まれる名曲です。


f:id:toga_shin:20161223015543j:image
f:id:toga_shin:20161223015553j:image
f:id:toga_shin:20161223015647j:image
f:id:toga_shin:20161223015709j:image
f:id:toga_shin:20161223015657j:image
f:id:toga_shin:20161223015638j:image
f:id:toga_shin:20161223015628j:image
f:id:toga_shin:20161223015616j:image

f:id:toga_shin:20161223015606j:image

 

”終わり”の近いマシュを気にかけていたソロモン。

”綺麗な夢”から覚めたマシュは未来を求めて魔術王の居城、冠位時間神殿 ソロモンへとマスターと共にレイシフトするのでした。


f:id:toga_shin:20161223015803j:image
ついに始まった人類の未来をかけた最終決戦。

様々な時代での冒険が生んだ絆が72柱の魔神柱との戦いで召喚されたサーヴァント達という奇跡を生みました。

刻々と”終わり”の時が近づいているマシュ。最後の旅となるこの地でマシュがどんな結末を迎えるのか?マシュの見る未来とは?

 

玉藻と共に魔術王をぶっ倒して結末をこの目に焼き付けたいです。(注意:ドライアイ←)

 

 

23日3時時点でバルバトスの撃破数が多いのはやはり頁と歯車効果でしょうかね?