読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつでも深夜テンション!

このブログは管理人の興味の赴くままに適当に書いていくものです。過度な期待はしないでください。

RM-09 サイコオーブ レビュー

f:id:toga_shin:20161117234353j:image

「我が爪で敵を引き裂く!!」

 

2004年ごろにトランスフォーマー25周年として展開され玩具独自規格「ロボットマスターズ」よりデストロンエスパー(!?) サイコオーブをレビュー。

 

・ビーストメガトロンが惑星エネルゴアから連れてきたデストロン兵士。

・6000℃の熱にも耐えうる装甲を持つ他、念動力で相手が見えない場所から攻撃可能という、ある意味では最強の兵士といえる。

(※パッケージ裏のプロフィールより引用)

 

ビーストメガトロンが惑星エネルゴアから連れてきたそうなので救命ポットから生まれた戦士の可能性が高いですが、デストロンなのに動物から変形(笑)。クォンタムサージの影響を受けなかった if のエネルゴアから来たと管理人は解釈しています。

 

ビーストウォーズ』で発売されたアルマ―のリペイント製品。

アルマ―はCG版アニメ未登場のサイバトロン戦士(砂漠戦闘員)ですが、海外では単品販売。日本では「VS-X1 火山の対決」のセット販売のみでの展開。また、ビネオズもといビーストウォーズネオ』でもリカラーでC-38 物理学者 バンプ(サイバトロン)で登場。サイコオーブは3回目のリペイント製品になりますが、武器が1点増え、所属が変わってデストロン兵士としての登場になりました。

 

パッケージ
f:id:toga_shin:20161117234405j:image

表側

デッドストック品なので箱の状態はあんまりよくないです(´;ω;`)ヨヨヨ
f:id:toga_shin:20161117234414j:image

裏側
f:id:toga_shin:20161117234428j:image

台紙にはカードが印刷されていますが、裏面は白紙。切り取り線等も入っておらず、ハサミで切るのは難しめ(当時、G1コンボイのカードを切り取ろうとしてうまくまっすぐに切れなくて心が折れた記憶)。カラミティディフェンサーが格好良く塗られていますが、製品では成型色で一色のみという・・・

 

ロボットモード
f:id:toga_shin:20161117234438j:image

表側
f:id:toga_shin:20161117234447j:image

裏側

背中はビースト系得意のガワがほとんどを占めています。ガワ変形はむしろ好きな管理人ですが、『ロストエイジ』版オプティマスのガワ変形だけは好きになれません


f:id:toga_shin:20161117234457j:image

頭部

『BW』系お得意の食いしばり顔。サイバトロン戦士として型が作られてますが、デストロンでもイケるお顔。和製BW及びカーロボットに出てきそうないい表情をしています。

胸にエンブレム。


f:id:toga_shin:20161117234507j:image

武器はアルマ―時代からの標準装備が二つ付属。
f:id:toga_shin:20161117234521j:image

メーザーガン

右後脚が変形。
f:id:toga_shin:20161117234540j:image

ブレイクボール

左後脚が変形。

ビーストウォーズ』の製品は武器がビーストモードに内蔵されるという特徴があります。その為、余剰パーツが出ません。

 

そして、「ロボットマスターズ」で追加された武器が付属。

この追加武器は他のデストロン兵士に付属する武器と合体させることで合体武器”アーゼナルフォース”になります(残念ながら管理人は未所持)。
f:id:toga_shin:20161117234600j:image

カラミティディフェンサー

追加された武器ですが、これは余剰パーツになってしまいます。イラストのように塗装されていれば格好良かったのですが、合体させたときに統一感がなくなるので、こういう処理になったのは仕方ないですね。

 

 

ビーストモード(アルマジロ)
f:id:toga_shin:20161117234611j:image

表側
f:id:toga_shin:20161117234621j:image

裏側

ビーストモードの尻尾を動かすことで内部のバネが連動して一瞬で変形するという”一発変形(フリップチェンジャー)”の製品です。これが20年前の玩具なんだから凄い。(”フリップチェンジャー”自体は『G2』期のメガトロンやスカイワープ等『BW』以前から存在しています!!!)

 

 

以下、適当ポーズ写真


f:id:toga_shin:20161117234635j:image

片手に銃、片手に鉄球という凶悪な雰囲気。まさに和製デストロンっぽさバリバリです(銃+鉄球という組み合わせはまさにデスザラス!)。(ビースト)コンボイもハンマーが武器だったりと『BW』期のサイバトロンは中々に野蛮です。
f:id:toga_shin:20161117234649j:image
アルマジロがのボディにカラミティディフェンサーで防御と防御力が抜きんでています。テックスペックもディフェンス(防御力)が10と最高ランク!


f:id:toga_shin:20161117234842j:image

鉄球を振りかぶって・・・
f:id:toga_shin:20161117234850j:image
ドーン!

※魂EFFECT及び魂STAGEは別売です。

腕と脚の可動域がそれなりに広いのでポーズの付け甲斐があります。

f:id:toga_shin:20161117234912j:image

バウンドローグにサイコオーブのブレイクボールが迫る!


f:id:toga_shin:20161117234919j:image
タ「デストロンにこんなヤツいたッスかね?」

 

以上、「ロボットマスターズ」よりエスパー サイコオーブでした。

サイバトロンのフリップチェンジャーをリペイントした10年前の製品ですが、変形プロセスは癖になります。同じフリップチェンジャーでもランディーは経年劣化で一発変形用のバネの負荷に耐えられなく自壊してしまうらしいですが、負荷のかかりにくいロボットモードでパッケージングされていることと素材が金プラでないこともあってサイコオーブはまだまだ遊んでいけます!

可動範囲の広さと武器が3種付属と定価価格帯の製品ながら遊べる要素が多いのでとても遊んだ後の満足感は高いです。

 

ビーストウォーズネオ』は市場在庫(デッドストック)が多いようですね。ランディーを買う猛者は素直に尊敬する(GPSによる破損について管理人は一切の責任を負いません)。