読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつでも深夜テンション!

このブログは管理人の興味の赴くままに適当に書いていくものです。過度な期待はしないでください。

ウルトラ怪獣オーブ 光ノ魔王獣 マガゼットン(クリアラメver.) レビュー

f:id:toga_shin:20161104165137j:image

「ゼ”ッ”ト”ン”」 

 

 

 

 ガゼットは2016年11月5日現在放映中の『ウルトラマンオーブ』第1話「夕陽の風来坊」冒頭に登場した魔王獣の一体です。本来の姿だったウルトラマンオーブ(光のシルエットに包まれたウルトラマンオーブオリジン)のオーブカリバーの一撃で倒されましたが、戦いの中でマガゼットンの放った火球の余波でナターシャを失ったというトラウマをガイに植え付け、108年にわたってガイを苦しめ続け、オーブ本来の姿を失わせた原因を作ったある意味強力な魔王獣です。

 先週の第17話「復活の聖剣」でガイはこの呪縛から解放され、ゼッパンドンの素体となったマガオロチの尾から聖剣を取り戻しましたが、なぜマガゼットンに放ったはずのオーブカリバーがマガオロチに眠っていたのか?謎は深まるばかりです・・・。

 マガゼットンは「ウルトラマンフェスティバル2016」で限定販売されたウルトラ怪獣DX マガゼットン ダークネスブルーver.として立体化はされていますが、そちらは800円サイズのソフビのリカラー製品でした。今回のソフビは2016年10月8日より行われた「対象のウルトラ怪獣DXを買って「光ノ魔王獣マガゼットン」ゲット!!キャンペーン」で配布(購入特典)された500シリーズのゼットンをリカラーした限定品です。

 

パッケージ(配布時の状態)
f:id:toga_shin:20161104165154j:image

表側
f:id:toga_shin:20161104165201j:image

裏側

 キャンペーン品なので本体と説明書が袋に封入されているだけの簡単な内容。タグやウルトラフュージョンカードは付属していませんでした。

 


f:id:toga_shin:20161104165222j:image

表側
f:id:toga_shin:20161104165228j:image

裏側

 成型色はラメが入ったクリアネイビー。500シリーズのゼットンと同じく両腕が可動し、腰は接着されて可動しません。タグが付いていないのでタグ穴は開いていません。


f:id:toga_shin:20161104165237j:image

 塗装箇所は顔と胸の3か所のみ。腕と脚の裏の白色は塗装されていません。顔はメタリックレッドで塗装。胸の塗装はメタリックブルーに濃い目のブルー(ネイビー寄りのブルー)でグラデーションが入っているのでかなり凝っています。


f:id:toga_shin:20161104165243j:image

 『ウルトラマンオーブ』期の製品なのでライブサインは削除。ライブサイン用の掘り込みの跡だけ残っています。


f:id:toga_shin:20161104165250j:image

ふたりはゼットン

 500シリーズのゼットンと。キャンペーン品ゆえに塗装箇所(腕と脚)は減ってますが、ゼットンに使われていないグラデーション塗装が施されていたりとクオリティが高くキャンペーン品にもこだわりを見せるバンダイの工夫は凄いと思います。


f:id:toga_shin:20161105132553j:image

  折角なのでマガゼットンのウルトラフュージョンカード(ウルトラマンフュージョンファイト 2-015OR)とも一枚。光ノ魔王獣だけに光属性というのが面白いです。3弾では同じ光属性にウルトラマンネクサス ジュネッスが参戦するのでそちらも楽しみです(URなので出せるとは言ってない)。


f:id:toga_shin:20161104165255j:image
「ウルトラヒーローX SP 劇場版公開記念 [50周年] ウルトラマン クリアゴールドラメVER.」と。『ウルトラマン』放映50周年で製作された『劇場版 ウルトラマンX きたぞ!われらのウルトラマン』でウルトラマンが、『ウルトラマンオーブ』でゼットンがマガゼットン、ゼッパンドンとしてプッシュされていることからもウルトラマンの世代を超えた人気を伺えます。

 

 ゼットンのバリエーションとして『ウルトラマンオーブ』に登場した光ノ魔王獣マガゼットンもキャンペーンの配布アイテムとして500シリーズで立体化されました!(他の魔王獣はウルトラ怪獣DXシリーズだけれども・・・(;´・ω・))

 実際に触ってみるとキャンペーン品とは思えない美しい成型色とグラデーション塗装に魅了されます。少なくとも4,000円の出費は必要(;´・ω・)ですが、手に入れることができて良かったと思います。キャンペーン開始時に全国的に蒸発したようですが、管理人は運良く残っていたお店を発見することが出来、キャンペーンに参加することが出来ました。『ギンガ』期から対象製品を購入するとくじで限定ソフビをプレゼントという形でキャンペーンが行われていましたが、今回のような塗装が施されたクオリティの高いソフビを条件を満たして手に入れることができるようなキャンペーンをこれからも続けてほしいです。

 

 YouTube円谷プロ公式のウルトラチャンネルで放送終了後から1週間だけ公式配信が行われていますが、Amazonビデオでもプライム会員の登録が必要ですが、放映された全話配信中です。何気に今日(2016年11月5日)放映された第18話「ハードボイルドリバー」も追加されています!!!

 『ウルトラマンオーブ』放映終了後には劇場版公開までの期間でAmazonビデオ限定配信のウルトラマンオーブの新作ドラマが配信されるようです。『仮面ライダーアマゾンズ』のような展開ですが、バンダイとAmaoznの仲が良いみたいなんで仕方ないですね(笑)。Amazonビデオで配信される『オーブ』の映像を観なきゃ劇場版はわからないみたいな展開はやめてほしいですが・・・

 

 ウルトラ怪獣DXでいよいよベリュドラが登場するみたいです。公開当時のソフビはプレミアがついていて購入できなかったのでこれは嬉しい展開。ウルトラ怪獣オーブになってからライブサインが削除されてエクスデバイザーで遊べなくなったためソフビの購入を避けていましたが、造形の出来次第(塗装は気にしない)によっては購入を検討してみようかと思います。(ライブサイン割と気に入ってたんですよ・・・ 500シリーズの代名詞だったので削除はかなりショックでした。)