読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつでも深夜テンション!

このブログは管理人の興味の赴くままに適当に書いていくものです。過度な期待はしないでください。

S.H.Figuarts 仮面ライダーダブル 簡易レビュー

S.H.Figuarts 仮面ライダー

f:id:toga_shin:20161028015112j:image
「さぁ、お前の罪を数えろ!

 

 

 

 真骨頂製法 仮面ライダーダブルの記事追記用に掘り返して久々に出したので簡単にレビューします。


f:id:toga_shin:20161028015026j:image

表側

   真骨頂版と比べ、艶やかなボディ。ソウルサイドは明るい発色のメタリックグリーン、ボディサイドは光沢のある黒の成形色です。
f:id:toga_shin:20161028015042j:image

裏側

f:id:toga_shin:20161028015049j:image

   旧版の問題点の一つ。前から見るとアンテナが長く見え、顔が細長めに見える程度ですが、
f:id:toga_shin:20161028015102j:image

横から見るとアンテナが前側に傾いているので、前以外の角度から顔を見ると違和感があります。


f:id:toga_shin:20161028015144j:image

   マフラーは二種付属。真骨頂版では付属品から漏れてしまった「垂れ下がったタイプ」と
f:id:toga_shin:20161028020339j:image

「風で靡いたタイプ」が付け替え可能。

f:id:toga_shin:20161028015128j:image

マフラー自体に間接がついているわけでなく、本体へマフラーを差し込むボールジョイントパーツで向きを調整します。


f:id:toga_shin:20161028015236j:image
   肩の接続はウィザード系までで見られたパカパカ式。
f:id:toga_shin:20161028015402j:image

   関節は成形色の黒のままでソウルサイドでは目立ちます。


f:id:toga_shin:20161028021443j:image

腰はほとんど動きません。


f:id:toga_shin:20161028015409j:image

ダブルドライバー

   ガイアメモリは塗装されてません。また、取り外しも出来ません。

f:id:toga_shin:20161028015230j:image

 足首

   ブーツはダイキャスト製で重みがあります。足首の可動は初期アーツで見られた二重軸関節。

 

 

 

 第1話「Wの検索/探偵は二人で一人」を再現!

f:id:toga_shin:20161028015417j:image
f:id:toga_shin:20161028015431j:image

「さぁ」「さぁ」
f:id:toga_shin:20161028015439j:image

「お前の罪を」「お前の罪を」
f:id:toga_shin:20161028015449j:image
「数えろ!」「数えろ!」

   真骨頂版と同様のポーズを取らせましたが腰と股関節、手首の構造が異なり真骨頂と比べたら動かしにくい印象です。

 

 ディテールは最近の物に比べ遥かに見劣りしてしまいますが、旧版は足のダイキャストのおかげでいい感じに安定感があり、今になって遊んでもなかなか楽しめます。あの当時でも顔についての不満がありましたが、人気製品の一つであっという間に蒸発。リデコ製品も多く一時代を築きました。放送終了後の2013年に再販が行われるなど人気の根強さが伺え、それだけに長い間支持され続けた名作の一つと言えます(管理人は再販を購入)。真骨頂の登場で世代交代をしましたが、これからも”ちいさな宝物”として大切にしていこうと思います。

 

 

 

 秋葉原の中古屋を何件かチェックしたところ、S.H.Figuartsの『仮面ライダーW』系(旧版)~『仮面ライダーウィザード』系が結構値下がりしているようです。また、S.H.Figuartsマシンハードボイルダーが大量に入荷されている店もあるので、真骨頂でなくてもハードボイルダーが欲しい人には今がチャンスなのかもしれません。