読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつでも深夜テンション!

このブログは管理人の興味の赴くままに適当に書いていくものです。過度な期待はしないでください。

魂ネイション2016に行ってきました!(Toga/Shinの日常 その7) ※追記あり

f:id:toga_shin:20161028193856j:plain

 所用のついでで秋葉原に寄ることができたので、2016年10月28日から30日までの3日間に秋葉原UDXで行われている魂ネイション2016に行ってきました!

 

※2016年10月29日一部追記

※2016年11月4日追記

 

 移動中にAGPセイバー(『Fate Grand Order』)の情報が気になり、時間を見つけて秋葉原駅で降り、参加してきました。何気に初の魂ネイションの参加で心が躍りました。

 

 展示スペースは撮影禁止だったため、写真は撮影できませんでした。

f:id:toga_shin:20161028223234j:plain

雨の中スタッフさんが配布していたチラシに会場平面図があったので引用

(屋根の下とはいえ吹き込む雨の中、チラシを配布したり入場者を誘導したりとスタッフさんや展示品を管理するスタッフさん、物販の対応に追われるスタッフさん達全員のお力があってイベントが進行しているのを肌で感じることが出来ました。)

 

 入場口(INTRODUCTION)では”フューチャーエアシップ”と呼ばれるアトラクションがありました。入場者がフューチャーエアシップの乗客となって魂ネイション2016を経由して「未来へと続く雲海の旅」に出ていくという構成になっています。床と壁のモニターの映像で空を上昇する飛行船に乗っているような錯覚を感じてから目当てのフィギュアたちとご対面という面白い演出です。

 

 展示品についてはS.H.Figuarts 真骨頂製法の新作と出口直前のNEXT S.H.Figuarts素体が特に印象に残りました。

 

 気になったもの(ブース)(記憶を頼りに書いているので間違いがあるかもしれません)

 ※興味のある分野のみ取り上げています。

 

 

TAMASHIISTATION

 ここでは大モニターでニコ生の様子がリアルタイムで配信されていました。また、モニター下には各ブランドにゆかりのある方たちのメッセージが配されていました。ポッピ―ピポパポ(何故かS.H.Figuarts 真骨頂製法 仮面ライダーダブルと共に展示)や竹谷隆之さん(名将MOVIE REALIZATIONシリーズのダースベーダーと共に展示)などがありました。

 

TOKUSATSUコーナー

 

・まず目を引いたのが、HUMAN SIZE ゴジラ

 販売価格4,482,000円の”TAMASHII NATIONS史上最大・最高峰のシリーズ”と銘打たれた新シリーズのトップバッターです。ゴジラスーツアクターさんのデータを使用しているらしく、とてつもないリアルさ。まさに本物志向の逸品です。

・その隣には「S.H.Figuarts 仮面ライダーエグゼイド マイティアクションX ビギニングセット」(2017年3月発売予定、メーカー希望小売価格15,768円)が展示。

 仮面ライダーエグゼイド、仮面ライダーブレイブ、仮面ライダースナイプの三人のセット商品で、マイティアクションXのゲームスタート画面を意識した台座が付属するようです。

 関節が『ゴースト』シリーズからさらに発展したようで股関節の関節はゴースト以上に分割線が目立たない工夫がされていました。また、特徴的なバイザーはクリアパーツで再現、胸部のディスプレイもタンポ印刷と凝っていましたが、ゲーマドライバーはレベル1状態に可動させることができない仕様になっているようでした。

 

S.I.C.のブースでは『鎧武』と『ドライブ』中心の展示

 『鎧武』ゾーンでは鎧武 オレンジアームズとバロン バナナアームズ、龍玄 ブドウアームズ、斬月 メロンアームズと甲冑素体に着せたパインアームズ、鎧武 イチゴアームズが展示。さらに、ゲネシス4人衆(デューク レモンエナジーアームズ、マリカ ピーチエナジーアームズ、シグルド チェリーエナジーアームズ、斬月・真 メロンエナジーアームズ)が展示されていました。

 イチゴアームズは忍者を意識した様子でマフラーにイチゴクナイが結び付けれれていました。ゲネシス組はソニックアローの展示がなかったので今後のイベント等で詳細が分かってくるのかもしれません。

 斬月と斬月・真は腰に小太刀を装備していたりと素体を含め共通するパーツは見受けられましたが、アーマーの金塗装の色味が結構異なりました。

 

 『ドライブ』ゾーンではドライブ タイプスピード、魔進チェイサー、ロイミュード幹部(ハート、ブレン、メディック)のジオラマがありました。

 魔進チェイサーはアレンジが少なめで胸部のパイプが腰まで伸びていなかったくらいのアレンジしか確認できませんでした。

 

S.H.Figuarts 真骨頂製法

 新作は

 地獄兄弟(仮面ライダーキックホッパー&パンチホッパー)

 仮面ライダーダブル ヒートメタル

 ナスカドーパント

 仮面ライダースカル

 仮面ライダーアクセル

 仮面ライダー新一号

 牙狼(冴島鋼牙)←牙狼のみ別ブース

 

 ヒートメタルはサイクロンジョーカーのパーツ流用もありましたが、右肩後方のパーツが新造みたいでした(マフラーを挿すところ)。また、メタルシャフトにもガイアメモリが装填可能です。

 ナスカドーパントは旧版より一回り大きくなった印象。頭部と脚部の膨らんだパーツが大きく見えました。

 スカルはマフラーは風で靡く表情のついた固定式のものがついていました。白いマフラーですが、ホワイトで塗装されており、その上からブラウンでウェザリングが施されていました。帽子も脱着可能なようです。

 アクセルは目の発光機関がタンポ印刷で再現されていました。アクセルドライバーのアクセルメモリも見た感じ脱着可能。おそらくエンジンブレードにも装填ができるものと思われます。

 新一号は胸部プロテクターの淵にウェザリングがされてました。海での戦闘のジオラマで飾ってあったのもあり、格好良かったです。

 

 牙狼はザルバと共に展示。ザルバは目がLEDで点灯し、口が動く仕様になっており、鋼牙が書斎でザルバを置いていた台座に設置されていました。牙狼はアーマーが金メッキで表現されており、撮影用スーツの持つ神々しさを再現していました。

 

S.H.Figuarts

 ウルトラマンシリーズ

 新作は

 ウルトラマンティガ

  ウルトラマンダイナ

 メフィラス星人

 ウルトラセブン

 エレキング

(まだあった気がします・・・)

 黒部進さん直筆のメッセージカードも展示していました。

 

 昭和ライダー

 新作は

 仮面ライダーZX&ヘルダイバー

  管理人はZXにゆかりがあるので是非とも欲しいところ。

 

 『仮面ライダーアマゾンズ』

 新作は

 仮面ライダーアマゾン シグマ

  アマゾンオメガ、アルファも展示しており、第11話の激闘が蘇ります。(マモちゃんがいればもっと完璧だったので次の時には是非S.H.Figuarts モグラアマゾンを!)

   ※Amazonにて【Amazon限定】S.H.Figuarts 仮面ライダーアマゾンオメガの在庫が復活したようです。

 

 『仮面ライダードライブ』

 新作は

 仮面ライダーマッハチェイサー

 仮面ライダーハート

 ハート(超進化態)

 

仮面ライダーゴースト』の新作の展示はありませんでした。(仮面ライダーゴースト ムゲン魂がなかったのはシンスペクターに流用する前提だから?)

 

[2016年11月4日追記]

プレミアムバンダイでS.H.Figuarts 仮面ライダーマッハチェイサーの受注が16時から開始されるようです。

交換用マフラーが付属してないらしいので少し残念。

 

 

GUNDAMコーナー

 人が多かったのであまりしっかりと見れませんでした(´・ω・`)

 メタルビルドのF91は美しかったです。←Amazon予約瞬殺でどれだけ注目度が高いかわかります。

 

 ROBOT魂

 ダブルオーライザー

  ROBOT魂リリース初期に発売されたダブルオーガンダムも比較用に展示されていましたが一目瞭然の進化が見られました。足が長めのRGといった印象。

 エクシアリペアⅡ&リペアⅢ

  腕ごと付け替えるコンパチ仕様のようです。エクシアリペアⅢのHG00でのキット化を待つよりこっちを買った方が早いですよね(´;ω;`)ウッ…

 フルアーマーOガンダム

  『00V』からの参戦。RX78-2のデザイナーの大河原邦男さんのデザインした機体なのでどことなく『1st』チックな匂いはありましたが、そこからさらに1stチックに・・・イノベイターとの最終決戦に投入する予定だった機体という設定だった気がします。

 

 ストライクフリーダムガンダム

 ムラサメ

  まさかのラインナップのオーブの主力、ムラサメは変形可能なようです。

 

 他にも「ver.A.N.I.M.E.」を利用した『1st』のジオラマは360度様々なシーンを楽しめる圧巻のジオラマがありました。

 

[2016年11月4日追記]

バンダイの公式ブログ「ロボットフィギュアブログ」にて当日の展示がレビューされています。

blog.livedoor.jp

 

 

MOVIEブース

 こちらは名将MOVIE REALIZATIONとS.H.Figuartsの展示が中心。

 『スターウォーズ エピソード2 クローンの攻撃』の終盤のドロイドvsクローン・トルーパー軍団のシーンをイメージした大規模なジオラマが目を引いてました。

 オビ=ワン・ケノービアナキン・スカイウォーカー、メイス・ウィンドゥ、アミダラ女王(戦闘態勢)の4人が中心の展示で、闘技場にジャンゴ・フェットが飛び降りてくるシーンも再現されていました。

 

 DC系の製品もあり『スーサイド・スクワッド』からハーレイ・クインジョーカー、デッドショットの三人が展示されていましたが、その横には『ダークナイト』のヒース・レジャーが演じたジョーカーとクリスチャン・ベールバットマンも展示。管理人的に欲しいメンツが揃っていて財布が心配になってくる感じでした。

 

HEROINEコーナー

 話題の?AGP セイバー(アルトリア・ペンドラゴン)が展示されていました。『Fate Grand Order』版ということでフィギュア本体は第一再臨(第二形態)時がモチーフとなっていました。そこに大型のエクスカリバー(アルトリアの1.5倍くらいの全長)を装備させることもできますが、さらに驚きのギミックがあって‥‥‥

 なんと大型のエクスカリバーの刀身が割れてマントに変形。それをアルトリアにまとわせることで第三再臨(第三形態)を再現可能という!(しかも王冠も付属。おそらく大型エクスカリバーに内蔵可能。)

 顔が邪神より(リボルテックほどではない)なのと小手がメカメカしいのが気になりましたが面白そうな商品なので、是非モーさんやアルテラも出してほしいところ(笑)

 

[2016年11月4日追記]

f:id:toga_shin:20161104141626j:plain

TAMASHII NATION 2016 フォトレポート<ヒロインフィギュア編> | ヒロインフィギュアブログ | 魂ウェブ

 バンダイの公式ブログ「ヒロインフィギュアBLOG」にてAGPセイバーの画像がアップされました。

 

 

 

そのほか

 S.H.Figuarts『ポケットモンスター』シリーズでサトシ(同スケールのピカチュウ付属)とロケット団(ムサシ、コジロウ、ニャース)、さらにフル可動のピカチュウ(サトシと比べると着ぐるみサイズ)、も展示。

 S.H.Figuarts リラックマキイロイトリも欲しくなってしまうアイテムだったり…

 

 

???コーナー

 ネタバレの為反転

 

・NEXT S.H.Figuarts素体

 全身を皮(新素材?)で覆い、関節パーツが露出しない構造に真骨頂製法で得られた人間の体形を再現する技術を組み込んだようです。

 

・メタルビルド ウイングガンダムゼロ(EW版)

 シルエットのみの展示

 

・LED発光するS.H.Figuarts ゼットンROBOT魂 νガンダム(ファンネルが発光)

 以前発表された仮面ライダーBLACKと同様の技術のようです。

 

 

 管理人の到着した時点では、いくつか28日分の在庫がなくなっている限定商品(超合金の塊 二種)がありましたが、物販列は空いており、無事「S.H.Figuarts 仮面ライダーダークカブト ライダーフォーム」(税込5,500円)と「DARUMA CLUB 魂ダルマA」(税込1,200円)を確保することが出来ました。

f:id:toga_shin:20161028193852j:plain

 

 生憎の雨でしたが、初の魂ネイションを楽しむことが出来ました。