読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつでも深夜テンション!

このブログは管理人の興味の赴くままに適当に書いていくものです。過度な期待はしないでください。

おまえの欲望は、我が槍で肯定する!(FGOプレイ日記 その22) ※イベントプロローグネタバレあり

f:id:toga_shin:20161019231051j:image

Fate Grand Order』2016年のハロウィンイベント「ハロウィンカムバック! 超極☆大かぼちゃ村~そして冒険へ‥‥‥~」が2016年10月19日より開始されました!ついにエリちゃん[ブレイブ]と冒険へ出る日を迎えました。

 

 

 

イベント開始早々にまさかのダブルエリちゃん!

ダブルライダーのそろい踏みみたいでテンション上がってキターッ!
f:id:toga_shin:20161019231115j:image

f:id:toga_shin:20161019231124j:image

どうやら乗っ取られたチェイデ城を取り戻そうとしますが・・・


f:id:toga_shin:20161019231149j:image
”魔女”の騎士に追い払われてしまいます・・・

何気に着替え鯖がお互いの存在を認識して協力する貴重なシーンです。(「セイバーウォーズ」とはまた違った雰囲気です。)
この二人の息のピッタリさがまさかあんなミラクルを起こすことになるとは・・・

 

 

 

所変わって
f:id:toga_shin:20161019231227j:image

f:id:toga_shin:20161019231217j:image

チェイデ城が大変なこと(物理)になっている中、カルデアでも異常が観測されますが・・・

 

‥‥‥蘇る‥‥‥悪夢!

 


f:id:toga_shin:20161019232710j:image
f:id:toga_shin:20161019232720j:image
ところが、カルデア職員が一丸となってレイシフトさせられてしまいますOrz

カルデア職員が表に出てくるのは本当に珍しいこと。去年のハロウィンの爪痕思い出がうかがえます。

 

 

レイシフトした主人公とマシュは情報収集のため酒場へ


f:id:toga_shin:20161019231256j:image

ピエールさんちーっす

酒場にはチェイデ城に乗り込もうとする兵士や盗賊がごった返してましたが、酒場の端に・・・

 


f:id:toga_shin:20161019231241j:image

なにこの可愛い娘・・・いったい誰ザベートなんだ!?

 

 

紆余曲折ありましたが
f:id:toga_shin:20161019231247j:image
可愛らしい勇者の正体はなんとエリザベート・バートリーでしたナ、ナンダッテー!?(棒)

 

 


f:id:toga_shin:20161019231314j:image
f:id:toga_shin:20161019231322j:image

まずはエリちゃんブレイブが期間限定加入。

水着イベントと同じく2章で正式加入してくれるようです。


f:id:toga_shin:20161019231327j:image

スキルを確認すると気になるスキルが

誕生する過程から考えれ当たり前かもしれませんが、「ダブルクラス」スキルを装備。(効果はありませんが)

これは”赤のアサシン”参戦の布石と考えられます。バビロンの庭関連だけに7章での登場が予想されていましたが、楽しみが増えていきます!

 

 

 

ガチャ結果

結局、プロトセイバーまで待つという禁を破って10連を1回だけ回してしまいました。
f:id:toga_shin:20161019231335j:image

イベント礼装が出なかったという点では大赤字ですが、新規☆3礼装が全種揃ったのと、「虚数魔術」の5枚目と念願のヴラド三世[EXTRA]が我がカルデアにやってきました!
f:id:toga_shin:20161019231346j:image
「信仰の加護 A+++」で正常な精神状態ではありませんが、頼りになりそうな予感。エリちゃんブレイブと合わせて育成していきたいと思います。


 無事、エリちゃんが期間限定加入してくれたのと、ヴラド三世を10連1回目で迎えることができたので1日目は大満足。残る『EXTRA』鯖はガウェインと未参戦の無銘と真祖の姫君、そしてセイヴァー。出会える日を夢見て石を貯めていきたいと思います(笑)

 アイテムショップでは8Bit音源アレンジの「鮮血魔嬢」が流れていたことにも感動!5章でもアメリカの大地で「鮮血魔嬢」がBGMで流れましたが、いよいよエリちゃんの宝具に専用BGMが追加される日が来るのかな?と期待に胸を膨らませて心待ちにしていきたいです。