読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつでも深夜テンション!

このブログは管理人の興味の赴くままに適当に書いていくものです。過度な期待はしないでください。

TITANS RETURN Wave2 BRAWN レビュー


f:id:toga_shin:20161016210322j:image

「やれやれ、わからずやの代わりに今度は臆病者の相手かい」

 

 BRAWNは「TRANSFORMERS GENERATIONS TITANS RETURN 」のタイタンマスター第二陣の一人として2016年に発売されました。日本ではミニボットのゴングとして有名ですが、2017年にはレジェンズクラスとしてウィリーやバンブルといったミニボットたちと同様にリメイクされることが発表されました。この子の存在意義とは(震)。そんな日本ではまず発売が見送られそうなタイタンマスターの一人、BRAWNですが、SENTINEL PRIME→レオプライム、コンボバットの前例がある以上ゴング以外の誰かとして発売される可能性がまだあるかもしれません・・・(´・ω・`)

 

 ゴングは「戦え!超ロボット生命体 トランスフォーマー」に登場するサイバトロン戦士の一人で、ミニボットと呼ばれる小型のトランスフォーマーです。小型のトランスフォーマーですが、”怪力ゴング様”(自称)の自負に負けない怪力の持ち主で体格に差のあるメガトロンの武器の融合カノン砲を奪って発砲したこともあったりと逸話がけっこうあります(サウンドウェーブを倒したりと)。

 第25話「ミクロの決死隊」ではパーセプター、バンブルと共にメガトロンの体内に侵入。電子頭脳に到着した際には

 

「そうかい。一ついい考えが浮かんだぞ。この脳みそをぶっ壊してやるのさ!」

 

「死なば諸共さ!」

 

と明言を残してくれました。(もちろん、止められましたが)

 そんなゴングも『THE MOVIE』ではプロール、ラチェット、アイアンハイドと共にスタースクリームの放ったメガトロンの凶弾に倒れ戦死。『THE MOVIE』での初めての戦死者だったりします。勇敢な戦士(赤組といい勝負)だっただけに惜しい人を亡くしました。

 

 

 

パッケージ
f:id:toga_shin:20161016191603j:image

表面
f:id:toga_shin:20161016191609j:image
裏面

NIGHTBEATCLOBBERと同じく「タイタンマスターがデラックスクラスやボイジャークラス、リーダークラスと対応してますよ」というおなじみの説明。ブラスターやサウンドウェーブやシックスショットと対応しきれているかというと・・・(シックスショットは愛の力で購入予定。)

 

 

BRAWN(ゴング)
f:id:toga_shin:20161016210332j:image

相変わらずのコストカット並感。頭部がすごいことになっていますが、ジョイントの都合で致し方無し。ゴングのような頭の形ですが、目の部分はバイザー型でした。
f:id:toga_shin:20161016210337j:image

背中

こっちの顔は結構塗装を頑張っているように感じます。

 

怪力ゴング様、ヘッドオン!


f:id:toga_shin:20161016210604j:image

手元にあったトランステクターにヘッドオン!

やはり小柄な体が似合う気がします。

 

 

ミニビークル
f:id:toga_shin:20161016210353j:image

ホバーバイクモード

スターウォーズ』シリーズに出てきそうな雰囲気のホバーバイクです(笑)

ハンドルが造形されていて芸が細かい。
f:id:toga_shin:20161016210400j:image

横から

メタグリーンのパーツの成型色の発色がよく、塗装されているかのような美しさです。


f:id:toga_shin:20161016210407j:image

BRAWNを乗せてみたところ。

足裏の凹ジョイントで接続します。(コクピットは変形の都合で吹き抜けになっています)

 

 


f:id:toga_shin:20161016210416j:image

ジープモード

元ネタのゴングが変形したジープを意識した部分が随所に見られます。

フロントの四本の通気口やボンネットの盛り上がり等
f:id:toga_shin:20161016210427j:image

横から

タイヤではなくキャタピラ状のディテールになっています。銃口をジープのステップと転落防止ベルトに見立てているところが実に素晴らしい!銃口の奥には座席のディテールが施されています。


f:id:toga_shin:20161016210449j:image

BRAWNをゴッドオン!

説明書ではこの取り付け方が正しいようです。

ビークルのフロントガラスとBRAWNの脚部を同色にすることで屋根に見立てているところに工夫を感じます。
f:id:toga_shin:20161016210505j:image

横から


f:id:toga_shin:20161016210514j:image

BRAWNを乗せてみたところ。

ホバーバイクのハンドル部分がちょうど床になっているのでそこに足を引っかけて運転してるように見せているだけです。


f:id:toga_shin:20161016210525j:image

武器モード

BRAWNを接続したジープモードのコクピットを下に押し下げて!グリップが出現。前輪パーツを展開して武器モードへと変形します。


f:id:toga_shin:20161016210538j:image

一応BRAWN抜きでも変形させられますが空洞が出来てしまいます。


f:id:toga_shin:20161016210549j:image

BRAWNがヘッドオンしてるときはどうするのでしょう・・・


f:id:toga_shin:20161016211756j:image

もちろんフォートレスマキシマスの右腕ハッチにも搭載可能!

ビックリドッキリメカな雰囲気です。


f:id:toga_shin:20161016211805j:image
管理人が購入してきたタイタンマスター&ミニビークル達を並べて

 フォートレスマキシマス購入後から無性にタイタンマスターとミニビークルが欲しくなり、BRAWNとCLOBBERを購入してしまいました。管理人が購入した通販サイト様では本体の値段は日本円にして750円程度(2016年10月19日時点)と『スーパーリンク』のオムニコンと同程度の値段でこのプレイバリュー。ミニビークル単体でも遊び甲斐があるのに、武器として他のTF達に持たせられたり(ターゲットマスターのオマージュ?)、フォートレスマキシマスの基地モードに絡ませられたりと遊び方がたくさんあります。そのため夜な夜な童心に帰って基地遊びに興じてしまう管理人でした。 

 

 

おまけ

  大正義カバヤ食品の「トランスフォーマーガム」待望の新製品(再販)の発売が2016年11月7日頃に決定したそうです。

 一部差し替えやシールによる再現等食玩ゆえのチープさはありますが、TFの変形をほぼ再現したり、一箱で揃ったりと満足感の高いシリーズ。(「レジェンズ」版が出る前は、TFガム版の変形パターンでウルトラマグナスを出してほしいと思っていた時期が管理人にもありました。復刻版が皆無のダークウイングスを食玩とはいえ手に入れられたことも感動しました。)

 新製品の「トランスフォーマーガムDX合体セット」(全3種)では過去に人気の高かった合体戦士がなんとセットで一箱に入っているという時代を逆行するような素晴らしい販売方法です!

ラインナップはなんと

・ゴッドジンライ(スーパージンライ+ゴッドボンバー)

・ビクトリーセイバー(スターセイバー+ビクトリーレオ)

・ビッグパワード(ダイアトラス+ソニックボンバー+ロードファイヤー)

という和製総司令官尽くし!

前回のフォートレスマキシマスと合わせて2016年にトランスフォーマーガムで再び和製総司令官が揃うことになるとは感激しかありません!

定価は少し値上がりしましたが、前回と同じくメタリック成型&顔塗装と至れり尽くせり。やっぱりカバヤ食品は神です。