読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつでも深夜テンション!

このブログは管理人の興味の赴くままに適当に書いていくものです。過度な期待はしないでください。

figma 304 キャスター(Fate/EXTRA) レビュー

Fate/Grand Order Fate/EXTELLA figma


f:id:toga_shin:20161015112921j:image

「ご用とあらば即参上!貴方の頼れる巫女狐、キャスター降臨!です!」

 

Fate/EXTRA』 の御三家(ハードモード担当)の我らが頼れる良妻巫女狐がfigma降臨!

 赤セイバーver.2や無銘を差し置いてまさかの一般販売!キャス狐万歳\(^o^)/なのです。

 

[追記]画像一部差し替え&追加しました。

 

 キャスター(キャス狐)は『Fate/EXTRA』及び続編『Fate/EXTRA CCC』、『Fate/EXTELLA』に加え、『Fate Grand Order』に登場するキャスター(魔術師)クラスのサーヴァント。cv斎藤千和さん(『プリズマ☆イリヤ』シリーズのクロエ役や、『ケロロ軍曹』の夏美殿、『ガンダム00』のルイス・ハレヴィ役、『まどか☆マギカ』の暁美ほむら役など・・・)

 『EXTRA』シリーズでは主人公(漫画版及びドラマCDでは男女とも「岸波 白野」と呼称。)と共に戦うサーヴァントの一人でメインヒロインの一角でもある。自称良妻であり、「魂がイケメン」の主人公のことををご主人様と呼んで献身的に尽くすが、毒舌家でヤンデレ(自称呪殺系ヤンデレ)。月の聖杯戦争に記憶喪失のまま巻き込まれ、死に瀕してもなおあきらめず立ち上がった主人公のイケ魂に惹かれて良妻狐のデリバリーにやってきた。月の聖杯戦争を勝ち抜く中で真名や宝具が判明していく。

 

真名:玉藻の前

 日本神話に登場する絶世の美女。人間に興味を持ったアマテラスが人間に転生した存在。平安時代末期に鳥羽上皇に仕えるが、安倍晴明により都を追われ那須野で人間たちと一大決戦をし、一度目は退けるが、二度目の戦いで破魔の矢を胸に受け絶命。骸は「殺生石」と呼ばれる石に変化した。

 

 『EXTRA CCC』では月の裏側に落ちたことで月の聖杯戦争から脱落した主人公の叫びに応じて再契約。レベルがリセットされた中で主人公と共にサクラメイキュウを完走し、月の聖杯戦争への復帰を目指す。戦いを終え、キャスターENDを迎えると・・・

 『EXTELLA』でもメインサーヴァントとして活躍する。メインストーリーでは『SE.RA.PH』の覇者となったセイバーと主人公の前にもう一人の主人公と共に立ちふさがる。ネロ陣営と玉藻の前陣営に分かれ、従えたサーヴァントたちと『SE.RA.PH』の支配権を巡って争うが・・・

 

 

パッケージ

f:id:toga_shin:20161015102856j:image
f:id:toga_shin:20161015102900j:image

箱から出して
f:id:toga_shin:20161015102903j:image

 


f:id:toga_shin:20161015112943j:image

表側
f:id:toga_shin:20161015112951j:image

裏側


f:id:toga_shin:20161015112959j:image

腰の帯には関節がついてます。

根本で軸可動しますが、管理人の物は固着して回転できない部分がありましたOrz

また、尻尾はボールジョイント可動。


f:id:toga_shin:20161015113029j:image
ツインテールもボールジョイントで可動。

ツインテの先端はとがっているので破損&色写り注意!


f:id:toga_shin:20161015113009j:image

素手が造形されています!(素晴らしい!)

ただ、肘関節はあまり干渉してあまり曲がりません。「府」を使うときに少し不便かな?

手首は最近のfigmaと同じ関節。(予備もついてきます。)


f:id:toga_shin:20161015113015j:image

厚底の下駄も再現。

バランスがとりやすいように感じました。


f:id:toga_shin:20161015113052j:image
交換用手首



f:id:toga_shin:20161015113131j:image

目閉じ笑顔


f:id:toga_shin:20161015113136j:image
照れ顔



f:id:toga_shin:20161015113043j:image
宝具「水天日光天照八野鎮石」

 

f:id:toga_shin:20161015223123j:plain

「水天日光天照八野鎮石」用の台座

台座とアームはボールジョイント接続。「水天日光天照八野鎮石」との接続部もボールジョイントになっています。


f:id:toga_shin:20161015113147j:image
台座の支柱に取り付けるパーツも付属

台座の接続部と「水天日光天照八野鎮石」の接続部の二か所で可動するので自由度は高め。



f:id:toga_shin:20161015130607j:image
f:id:toga_shin:20161015130616j:image
f:id:toga_shin:20161015130622j:image
炎天よ、奔れ!」「氷天よ、砕け!」「気密よ、唸れ!」

(好きな演出を思い浮かべてください)

「府」も1枚ですが付属します。

 


f:id:toga_shin:20161015115624j:image

「見ててください。ご主人様」
f:id:toga_shin:20161015113243j:image

「参ります。」

FGO版のポーズを意識してみました。(足をうまく開けてない(;´・ω・))


f:id:toga_shin:20161015113416j:image

「完殺♪」

エクストラアタック風に

 


f:id:toga_shin:20161015131515j:image
f:id:toga_shin:20161015115646j:image
「触らないでくださいます?」

 黒天洞は便利だった記憶。


f:id:toga_shin:20161015113310j:image

「私はお側でご主人様分をたっぷり補充させていただきましたので、この通り気力充実。」
f:id:toga_shin:20161015113333j:image
「封印していた一夫多妻去勢拳を最後のスキルとして修得する事もやむなしです!」

『CCC』のマイルームの荒ぶるシーンのモーションが好きです。

 

 

 


「出雲に神在り。是自在にして禊ぎの証、神宝宇迦之鏡也。
f:id:toga_shin:20161015113355j:image
水天日光天照八野鎮石・・・なんちゃって」

宝具展開後はMPコスト制限を無視してスキルが使い放題になったので炎天、氷天、密天で一通り遊んだ後に一夫多妻去勢拳を撃ち込んだり、一夫多妻去勢拳を6連続で入れたりする脳筋プレイで思いっきり遊べるという…ぶっ壊れ宝具ですな。

 


f:id:toga_shin:20161015131618j:image

「いざや散れ!
f:id:toga_shin:20161015131623j:image

常世咲き裂く怨天の花
f:id:toga_shin:20161015131631j:image
常世咲き裂く大殺界!」
モーションがかなりかっこいいので個人的に好きなスキルの一つ。

 

 


「いきます!
f:id:toga_shin:20161015133732j:image

 

一合、二合・・・

 


f:id:toga_shin:20161015133746j:image
f:id:toga_shin:20161015133805j:image
ピキーン!


f:id:toga_shin:20161015133840j:image



f:id:toga_shin:20161015133856j:image




f:id:toga_shin:20161015133906j:image

 罰


f:id:toga_shin:20161015133918j:image

これが私の奥の手です!」

 『Fate Grand Order』の水着イベント期間限定サーヴァントとして再登場したときにまさかの宝具化(笑)『EXTRA』でひたすらマイルームで練習し。『CCC』でスキル化、『FGO』で宝具にと留まる勢いを知りません(笑)

 『CCC』ではカルナ戦やガウェイン戦でお世話になりました(笑)

 

 


f:id:toga_shin:20161015113522j:image
「自他共に認めるご主人様の良妻サーヴァント、キャスター! ここに罷りこしましたー!」


 ようやく来てくれたfigmaキャス狐。嬉しさのあまり即開封&即遊んでみました。もうちょっと弄りなれたらポーズ写真を取り直していこうと思います。管理人は『Fate/EXTRA CCC』と『Fate Grand Order』で特にお世話になっているので台詞はその辺を中心にしました。これからマシュやギルも届くので青セイバー、嫁セイバーとも絡めて楽しんでいきたいところ。キャス狐可愛い!とにかく可愛いいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!

 [追記]

 見返したら最後らへんがあまりにもアレだったので、フィギュアの感想を。『EXTRA』でのやや幼さの残る雰囲気での立体化で『CCC』や『FGO』とは印象が若干異なりますが、満足できる作品だと思います。替え手首は作中のモーションをあらかた再現できるものがセレクトされており、作中再現が楽しく行えます。特徴的な巫女服のデザインも可動箇所がよく練られており、動いてほしいところ(ツインテールや帯の関節、尻尾)で動いてくれる感じでした。デザインの都合もありますが、セイバー2.0と比べポーズを取らせやすく感じ、セイバー2.0の上を行く満足度を得られました。

 残念だったのは表情パーツの少なさ(せめてグッスマ特典で戦闘時の叫び顔等を作ってほしかった・・・)と帯の軸が一か所固まって動かなかったこと。(ドライヤーで温めましたが白化しそうだったので断念しました。)

 とはいえ、figma長門有希の時代から気に入ったものを飛び飛びで買っていた管理人としては値段は高くなっても昔からの満足感を保ち続けているという点でfigmaは素晴らしいシリーズだと感じます。キャラクターごとに頭身は異なれど並べても違和感が少ないため、様々な作品の登場人物と絡ませて遊べたりするという点でも楽しい。出てほしいキャラクターは多くても、実際リリースされるキャラクターは300体+α程度・・・その中に我らが良妻巫女狐が入ったことだけでも嬉しいし、こうして手に入れて遊ぶことができるのはとても楽しいことだと感じました。